❤︎ Welcome and thank you for visiting my website ❤︎

ニトリのバーチカルブラインド

新居ではカーテンよりもバーチカルブラインドが良いなと思い色々と調べていました。フルオーダーをするとどこも10万円以上となりカーテンに比べるとかなり高価に感じました。
また自分で測り、オーダーして、設置するタイプの安いものも、設置箇所の材質は何か、自分で取付られるのだろうか、採寸に間違いがあったらどうしようと、DIYも尻込みしてしまっていました。

そんな時ニトリで発見!!

依頼から設置までの流れや予算などを記録しておきたいと思います。

採寸から取付工事までの流れ

まず依頼をする際、ネット注文は出来ません。。必ず来店する必要があります。

筆者はサイズを細かく測ってメモをして持参したのですが、その必要はありませんでした(笑)
必ず業者による採寸が必要になります。

流れ

来店(採寸の予約)

採寸

見積もりの電話

来店(注文内容の決定&支払い)

施工日時の設定

取付工事

2回の来店、2回の業者の立会いが必要でした。
他の業者もそうなのかもしれませんが、いつも既製品のカーテンを使っていたので、手間に感じました。
しかも時期的にコロナが流行り始めた頃で、依頼していた店舗が休業になり、別の店舗に足を運ばなければならなくなったりと色々と大変でした。

何箇所かに設置(カーテンを含む)したい場合は出張料金は同額で計測可能です。

注意点

特にマンションへの搬入で窓が大きい場合、共有部分を通過してバーチカルのレールを運べるのかが重要になってきます。

エレベーターなどで無事所在階に運べたとしても、廊下が狭いなど家に入れられない場合もあるそうです。その際は両開きスタイルになってしまうとのことでした。我が家の窓は開閉出来るのが左の1箇所だけなのでその場合は設置はお断りする想定でした。
※設置しなくても出張採寸の料金は発生します。

出張採寸のみで終わることほど悲しいことはありません。依頼前に下記の確認をお勧めします。

  • 搬入用のエレベーターの有無
  • エレベーター内の高さ
  • 廊下から部屋に窓の長さのレールが入れられるか etc

両開きで問題なければ大丈夫なのですが、もし繋がった1つのブラインドとして設置したい場合はご注意下さい。

料金

バーチカルブラインド本体のお値段だけ見るととても安く感じるのですが、その他様々な料金も発生します。
(筆者がオーダーした2019年3月時)

初回の来店時に支払うもの

◉出張採寸費→8,820円(税別)

2回目の来店時に支払うもの

◉本体代金
◉取付費  →9,523円(税別)
◉レール取外し料金
 筆者宅はそこまで大きな窓ではないのですが、前後のレール2本のところ、長かったため4本分の金額になりました。
◉タワーマンション料金
 搬入の際に養生などが必要な為かかるようです。

総額

筆者は部屋は明るいままが良かったので、1番安いタイプの商品を選びました。結果として、かかった費用は

総額73,834円でした。

(本体のみの料金は39,182円)
本体のみとの金額差に別途かかる費用が高いと感じてしまいました。

設置完了後の写真

子育て世帯の方は下の固定する糸を取り付けない場合もあるようなのですが、パラパラしてしまうのが嫌だったので取付ました。

生地なので洗ったりも出来ます。

感想

特に問題なく使えており、筆者的には概ね満足です。

気になる点を挙げるとすれば、

  • 初回(出張採寸)だけでもネットで依頼が出来ればもっとスムーズ
  • 重りがぶら下がり、娘がいたずらをするので商品に工夫が欲しい
    ↑それを短く調整する為の部品?を置いていったのですが「使用しないでください。理由は聞かないでください。」と言われ意味不明でした(笑)

他の業者よりもお値段はお安く、確実に設置されるので、検討の際の参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!